ホーム   »  Mozilla
Category | Mozilla
Update Information

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Opera」風の「Firefox」用テーマ「FXOpera」

 「FXOpera」は、「Firefox」のデザインを「Opera」風に変更できる「Firefox」用のテーマ。「Firefox」 v4.0以降に対応するフリーソフトで、編集部にてWindows 7上の「Firefox」v6.0で動作を確認した。ライブラリサイト“Firefox Add-ons”からダウンロードできる。

標準の「Firefox」(手前)と「Opera」(奥) 標準の「Firefox」(手前)と「Opera」(奥)

「FXOpera」を適用した「Firefox」(手前)と「Opera」(奥) 「FXOpera」を適用した「Firefox」(手前)と「Opera」(奥)

 インストールすると、「Firefox」のデザインがWebブラウザーの「Opera」風に変化する。具体的には、「Firefox」の ウィンドウ左上にあるオレンジ色の“Firefox ボタン”が若干小さめになり、背景色が灰色に変化する。また、戻る・進むボタンが分離され、立体感のないシンプルなデザインとなるほか、更新ボタンの矢印 の隙間が右側から左側へ移動。より「Opera」に近づけたい場合は、カスタマイズで更新ボタンを戻る・進むボタンの隣へ移動させるとよいだろう。

 さらに、タブが小さめになり、角の丸みが大きくなる。加えて、新規タブを開くボタンの背景色が透明に変化する。このような多数の変化によ り、「Firefox」を「Opera」風のデザインで利用することが可能。たとえば「Opera」のデザインが好みだが、「Firefox」の拡張機能 に手放せないものがあるという人にオススメだ。



引用ページ

いいと思う!

Firefox、Googleの高速化プロトコル「SPDY」を実装中



どうやらMozillaはFirefoxのどこかのバージョンで「SPDY」に対応する計画でいるようだ。「Mozilla Platform Meeting Minutes: 2011-08-23 ≪ Meeting Notes」に「SPDY」の実装が順調に進んでいることを示すメッセージが掲載されている。

「SPDY」はGoogleが開発を進めているHTTPを高速化するためのプロトコル。プロトコルレイヤとしてはHTTPとTCPの層の間に入っ て、HTTPの処理を高速化するような振る舞いをするものといえる。Googleから「SPDY」が発表されたのは2009年11月であり、すでに実装が Chromeに取り込まれている。

「SPDY」が注目に値するのは、すでにGoogleのWebアプリケーションやWebサービスが「SPDY」を活用している点にある。今のところ 「SPDY」をサポートしている主要ブラウザはChromeだけであり、つまり、Chromeを使うときが最もGoogleのサービスを高速に使えるとい うことになる。これは多くのユーザにとってChromeの使用を推奨するのに十分な動機になり得る。

Firefoxが「SPDY」に対応すれば、Firefoxを使った場合でも現在よりも高速にGoogleの提供するサービスを利用できるようになり、多くのFirefoxユーザにメリットがある。詳しい情報は公開されていないが、今後注目しておきたい開発といえる。

なおGoogleは、「SPDY」の実装のみならず、TCPに代わりうる通信プロトコル「CurveCP」の実装をChromeに追加していることも注目しておきたい。GoogleはブラウザやWeb体験の高速化に注力しており、ほかのベンダに先んじでさまざまな取り組みを進めている。



引用ページ



進化してきてるな!

Firefox 7で取り込まれる主な新機能/改善点

Firefoxの次期メジャーリリースとなる「Firefox 7」は現在ベータチャンネルのフェーズに入っている。機能はすでにフィックスしているため、9月27日のリリースが予定されている「Firefox 7」の新機能および改善点は明らかになっている。Mozillaの公式ブログに掲載された記事「New Firefox Beta with Enhanced Performance」にこのあたりの話題がまとまっているので紹介しておこう。

Firefox 7における新機能、改善点は次のとおり。

  • メモリ利用の改善とパフォーマンスの向上。レスポンス性、起動時間、ページ読み込み時間などの性能が向上しているほか、メモリの利用量が減っている。
  • JavaScriptガベージコレクタの改善。従来よりも頻繁にガベージコレクタが動作するように変更されており、メニータブ状態やロングラン状態におけるメモリ消費量が削減されている。
  • Firefox Syncの改善。従来よりもブックマークやパスワードの同期速度が向上している。
  • Azureレンダリングレイヤの導入。HTML5 Canvasのレンダリング速度を向上。
  • Webページのロード時間やサイトナビゲーションを検出するWeb Timing APIを実装。
  • 「text-overflow: ellipsis」サポートの追加。

短周期リリースモデルへ移行してからのFirefoxの開発ペースはかなり速まっている。特にメモリ消費量の改善とパフォーマンスの向上は目を見張 るものがあり、さらに先のリリースとなる「Firefox 8」や「Firefox 9」では「Firefox 7」を大きく上回るメモリ消費量の削減が実現されている。



引用ページ

どんどん良くなってくなw

Firefox 9ナイトリー、Firefox 8オーロラ登場


8月19日(米国時間)、Firefoxオーロラのバージョンが8へアップグレードされた。先週の段階ですでにナイトリーは9へアップグレードされ ていたため、これで開発チャンネルがそれぞれ「Firefox 9ナイトリー」「Firefox 8オーロラ」へアップグレードされたことになる。現在のリリーススケジュールのまま進めば、以降は次の日程でFirefoxのリリース版が公開されること になる。

  • 9月27日 Firefox 7リリース
  • 11月8日 Firefox 8リリース
  • 12月20日 Firefox 9リリース
  • 1月31日 Firefox 10リリース

Firefox 9ナイトリー

Firefox 8オーロラ

Firefox 8はFirefox 7よりもメモリ消費量が削減されているほか、いくつか新機能も導入されている。まず、Firefox 5の段階でセキュリティ上の懸念から無効化されたWebGLにおけるクロスオリジンテクスチャの機能が復活している。

そして開発者向けの機能となるが、insertAdjacentHTML()が実装された点が注目される。 insertAdjacentHTML()はもともとIE4でIE系に導入された機能だが、HTML5に追加されたことで標準機能として実装できるように なった。動作はinsertHTML()と似ているが、「どこに追加するか」を指定できる点が異なる。たとえばMozillaの開発者向けブログに掲載さ れているサンプルを抜粋すると次のようになる。

<code>// HTML inserted before elem in the DOM elem.insertAdjacentHTML( "beforebegin", ... ) // inside elem, before its first child elem.insertAdjacentHTML( "afterbegin", ... ) // inside elem, after its last child elem.insertAdjacentHTML( "beforeend", ... ) // HTML inserted after elem in the DOM elem.insertAdjacentHTML( "afterend", ... ) </code>

insertAdjacentHTML()はinsertHTML()よりも処理が高速であるほか、コーディングをよりシンプルなものにする。開発者としてはFirefox 8の登場に合わせておさえておきたい新機能といえる。



引用ページ

あと少しで7か
早いなーw

Mozilla、「Firefox 7」のベータ版を公開

「Firefox 7」ベータ版

 Mozillaは19日(日本時間)、Webブラウザー「Firefox」の次期バージョンとなる「Firefox 7」のベータ版を公開した。Windows 2000/XP/Server 2003/Vista/7などに対応するフリーソフトで、現在日本語の公式ダウンロードページ“次世代ブラウザ Firefox - プレビューリリース”からダウンロードできる。

“about:memory”ページ “about:memory”ページ

 v7では、メモリ使用量が大幅に削減された。過去のバージョンと比較するとおおむね20%から30%、多いときは50%もの削減に成功しており、 起動時間や操作に対する反応、ページ読み込み時間などさまざまな場面でパフォーマンスが改善された。さらに、JavaScriptのガベージコレクション 機能が改良されており、利用していないメモリを逐次解放することで、多くのタブを開いている場合や長時間利用している場合のメモリ使用量も削減されてい る。“about:memory”ページを利用することで、ページごとのメモリ使用量を確認することも可能だ。

 加えて、HTML5の“canvas”要素のレンダリングを行うAPIとして、Direct2Dを利用した新しいAPI“Azure”が採用され たのも本バージョンの特長。“canvas”要素でのアニメーションの描画が大幅に高速化されている。また、“Firefox Sync”が改良され、ブックマークやパスワードを追加・変更した際にデータが瞬時に同期されるようになった。

 一方、ユーザーインターフェイスの改善は、アドレスバーのURL表示の変更にとどまる。v6ではドメイン部分を強調表示するように変更されたが、 v7ではさらに“http://”が省略表記されるようになった。より長いURLをアドレスバーに収めることが可能になる上、“https://”などほ かのプロトコルを利用している場合を意識しやすくする効果が期待できる。

アドレスバーのURL表示が変更。上がHTTP接続で、下がHTTPS接続 アドレスバーのURL表示が変更。上がHTTP接続で、下がHTTPS接続

 そのほかにも、Webページの読み込み時にどのタイミングで何が読み込まれたかを開発者が把握できる“Web Timing”、CSS3の“text-overflow: ellipsis”への対応などが盛り込まれている。


引用ページ


高速リリースサイクルはいいと思うが
アドオン開発者にとっては辛そうw

Profile

じんな!

Author:じんな!
水樹奈々さん好きです。
IS03ユーザーです。
音ゲーマーです。
当ブログについて

Since June 13 2011

Blog Relation
Service Registration
Search

Amazon
Total Access
Unique Access
Online Access
Ranking


人気ブログランキングへ

ランキング参加中!
クリックお願いします(^_^)
Latest Articles
Category

openclose

Links

相互リンク、相互RSSも随時募集中♪
気軽にコメント欄、または、Twitterまで♪
このブログをリンクに追加する
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
QR Code
QR
Free Area
Under Aid
NANA PARTY
Banner
当ブログのバナーです♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。