ホーム   »  Tablet
Category | Tablet
Update Information

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7680円で買える! 激安のAndroid 2.2搭載7型タブレット

 7型液晶を採用したAndroidタブレット「EKEN M009S」が東映無線ラジオデパート店にて販売中だ。

EKEN M009S
7型ディスプレーのAndroidタブレット「EKEN M009S」。タッチセンサーこそ感圧式だが、“ちゃんとした”(?)タブレット端末だ

 EKEN M009Sは、7型ディスプレー(800×480ドット)を搭載したAndroid 2.2採用タブレット端末。特徴はなんと言ってもその価格で、販売価格は7680円。秋葉原で販売されているAndroidタブレットは低価格化が進んで いるとはいえ、本製品は非常に安いといえる。

インターフェース
インターフェースもシンプルで側面には電源コネクター、イヤフォンジャック、専用コネクター、microSDカードスロットが並ぶ。また、音量調整、メニューは側面部分によういされる

 主なスペックは、メインメモリーに256MBを採用、ストレージには2GBのフラッシュメモリー、動作周波数800MHzのCPU「VIA8650」を 搭載。また、無線LAN(IEEE802.11 b/g)、最大32GBまでに対応したmicroSDカードスロットにも対応している。

 販売店曰く「ハードウェアスペックはお世辞にも高性能とはいえないが、さまざなまことをして使うを考えると、丁度よいAndroidタブレット初心者の入門機向け製品かもしれません」とのこと。

 確かにAndroidタブレットに触ったことが無いという人は最初に試してみるのも悪くはないかもしれない。また、お盆休みを利用してアキバに来るなら、お土産として、また休み中のインターネット端末としておもしろそうだが、1台いかがだろうか。

カメラ
ディスプレー上部には、画素数は不明ながら動画撮影に対応したフロントカメラを装備。なにはともあれ7000円台という価格は魅力的だ

引用:ASCII.JP

3万円台で買えるHoneycombタブレットの「ICONIA」が3.1に

 日本エイサーは、同社のAndroidタブレット「ICONIA TAB A500」のAndroid 3.1へのアップデートをスタートした。詳細は同社のサポートページを確認してほしい。

3万円台のHoneycombタブレット「ICONIA TAB A500」

 Android 3.1へのアップデートに含まれる内容は以下のとおり。

●最適化によるパフォーマンスの向上
●USBマウス対応
●MTP(Media Transfer Protocol)/PTP(Picture Transfer Protocol)サポート
●Webクイックコントロール追加
●アプリ履歴表示数の拡張
●動画編集アプリ「Movie Studio」のプリインストール
●モトヤフォント対応 (モトヤLマルベリ 3等幅)
●Exchange Active Sync サポート
●WMV/WMA/Xvid コーデックサポート
●HDMIでの1080p外部出力対応
●Flash 10.3 プリインストール

 ICONIA TAB A500は、10.1型液晶(1280×800ドット)とデュアルコアで1GHz動作のNVIDIA「Tegra 2」を搭載するHoneycombタブレット。3G通信機能こそ搭載しないものの、実売3万円台半ばで販売されているケースもあり、価格重視で Honeycombタブレットを選ぶなら有力な選択肢になる製品だ。

無線LANタイプの格安Honeycombタブレットを探しているユーザーにオススメだ

引用:ASCII.JP

ASUS、Android 3.1を搭載した3万9800円のタブレット

 ASUSTeK Computerは8月5日、Android 3.1を搭載したタブレット「Eee Pad Transformer TF101(TF101-1B240A)」を8月中旬より販売すると発表した。価格は3万9800円。

  • 「Eee Pad Transformer TF101(TF101-1B240A)」

 5月に発表したタブレットPCとノートPCの二形態を使い分けられる「Eee Pad Transformer TF101」の単体モデル。タブレット本体に接続できるモバイルキーボードドック(2万4800円)も、9月中旬以降に販売する予定だ。

 TF101-1B240Aは、10.1型ワイド TFTカラータッチスクリーン IPS液晶(1280×800ドット)を搭載。CPUにはNVIDIA Tegra 2モバイル プロセッサ、16Gバイトのフラッシュメモリ(eMMC)を備えた。重さは約680gで、サイズは幅271mm×奥行き177mm×高さ12.98mm。 バッテリ駆動時間は最大約9.5時間で、モバイルキーボードドックを接続すると最大約16時間まで延長できるとしている。

引用:CNET Japan




イー・アクセス、シャープ製の7型Android 3.2タブレットを発売

 イー・アクセス(イー・モバイル)は、シャープ製の7型Androidタブレット「GALAPAGOS(A01SH)」を8月下旬に発売する。

 GALAPAGOS(A01SH)は国内で初となるAndroid 3.2を搭載。CPUにはNVIDIA Tegra 2を搭載するなどパワフルな処理性能とともに、7型液晶(600×1024ドット)&約389gの小型ボディで持ち運びにも便利なスタイルを採用する。な お、3G通信機能は搭載されておらず、同社のプレスリリースでもモバイルルーター「Pocket WiFi(GP02)」との組み合わせがアピールされている。

 シャープ製タブレット端末としての独自機能としては、液晶テレビ「AQUOS」との連携によりテレビ画面を表示する「AQUOSリモート」や、TSUTAYA GALAPAGOSが運営する電子ブックストア「TSUTAYA GALAPAGOS」の利用などがある。

GALAPAGOSとイー・モバイルのロゴが光る。実用的な7型タブレットがシャープから登場。価格や出来が気になるところ

 詳細については、また発表会リポートをのちほど掲載予定だ。


「GALAPAGOS(A01SH)」の主要スペック
メーカー シャープ
ディスプレー 7型液晶
画面解像度 600×1024ドット
サイズ 約195×122×11.9~12.6mm
重量 約389g
CPU NVIDIA Tegra 2
OS Android 3.2
通信機能 無線LAN(IEEE802.11b/g/n)
カメラ画素数 リア:約500万画素CMOS
/フロント:約200万画素
駆動時間 約7.5時間(静止画表示時)
/約6時間(動画再生時)
発売時期 8月下旬以降

引用:ASCII.JP

エイサー、Android 3.1へのバージョンアップを延期--「ICONIA TAB A500」

 日本エイサーは8月2日、8月1日に発表したAndroid 3.0を搭載したタブレット「ICONIA TAB A500」に関するAndroid 3.1へのアップデートを延期すると発表した。 理由は「ソフトウェア関連の不具合が発見されたため」という。

 当初、PCなしでアップデートできるOTA(Over The Air)配信を8月2日より開始するとしていた。今後については、スケジュールが決まり次第報告するとしている。

引用:CNET Japan



Profile

じんな!

Author:じんな!
水樹奈々さん好きです。
IS03ユーザーです。
音ゲーマーです。
当ブログについて

Since June 13 2011

Blog Relation
Service Registration
Search

Amazon
Total Access
Unique Access
Online Access
Ranking


人気ブログランキングへ

ランキング参加中!
クリックお願いします(^_^)
Latest Articles
Category

openclose

Links

相互リンク、相互RSSも随時募集中♪
気軽にコメント欄、または、Twitterまで♪
このブログをリンクに追加する
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
QR Code
QR
Free Area
Under Aid
NANA PARTY
Banner
当ブログのバナーです♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。