ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  News   »  IT News  »  FacebookもHTML5アプリ開発か アプリストアはどう変わる?
Update Information

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FacebookもHTML5アプリ開発か アプリストアはどう変わる?

イギリスの経済紙であるFinancial Times(FT)が6月初め、HTML5モバイルアプリ「FT Web App」を公開した。アップルのApp Storeを回避するもので、これから読者はApp StoreではなくFTのサイトに直接アクセスすることになる。開始後2週間半で20万近いユーザーを獲得するなど、現時点でチャネル変更は成功している ようだ。HTML5アプリはFacebookも開発中といわれており、アプリストア一辺倒だったモバイルアプリの流通トレンドに変化が起きそうな気配だ。

では詳細は続きより♪

iPhone/iPadでFinancial Timesのサイトにアクセスすると、ウェブアプリ版の画面が表示される。Androidなど他のプラットフォームについては今後の対応予定だ

AppleのApp Storeから“脱獄”して
HTML5アプリをリリースしたFinancial Times

 FTによると、これまでのモバイルアプリのダウンロード数は約22万4000だったというから、HTML5アプリはまずは成功といっていいだろう。

 FTは有力紙の中でも最初からコンテンツの有料配信モデルを成功させるなど、IT戦略に定評があり、HTML5アプリの開発は2010年から進めてきた という。そうしてできあがったアプリを公開したのは、ちょうどAppleがアプリ内サブスクリプションを可能にした後となった。

 Appleはサブスクリプションサービスを開始した2月当初、Apple側が3割の取り分を維持する一方、独自にサブスクリプションを提供するコンテン ツプロバイダーに対しては、アプリ内で提供するよりユーザーにとって利益がある条件(料金)で提供してはならないなどの制限を設けたことから、一部で不評 を買った。

すでに地位を確立しているコンテンツ提供者にとって
アプリストアは必要なのか?

 6月に開催されたモバイルイベントで、FT.comのディレクターであるRob Grimshaw氏の話を聴く機会があったのだが、氏はオフライン/動画/自動アップデートといったHTML5アプリのメリット以外に(以上 に?)Appleのコントロールを避ける狙いを示唆した。

 流通チャネルとしてのアプリストアの重要性を認めつつも、Appleの規約に加え、顧客データが自社の手元にないためにマーケティングが難しいこと(検 索エンジンを使ったマーケティングができないとも述べていた)、多様なプラットフォームに対応するための開発コストなどの負担が小さくないことなどを挙げ た。

 HTML5に移行することで、アプリストアでのプレゼンスがなくなるが、そもそもアプリストアでは上位に入らなければユーザーに発見されないなどのデメリットもあると言い、最終的には「(アプリストアのない)PCでのウェブの世界と同じ条件だ」と述べた。

OSに依存したスマホアプリから
HTML5アプリに移行を進める開発者

 FacebookがHTML5アプリ開発中という噂は、FTがアプリを公開した後の6月中旬に「Project Spartan」として浮上したものだ。モバイル版Safariに最適化したものといわれており、実現すればそれなりのインパクトを与えそうだ。というの も、利用が増加の一途をたどっているモバイルアプリだが、その多くがゲーム(47%)、SNS(32%)といわれているからだ(Flurry調べ)。

 FTやFacebookのような動きは単なる偶然ではなさそうだ。モバイルアプリの開発動向調査でも、モバイルウェブは明らかに増加している。同じく6 月のイベントでコンサルティング会社のVision Mobileが発表した調査報告書によると、モバイルウェブはAndroid(67%)、iOS(59%)に次ぐ3位で、56%の開発者が「利用中」と回 答している。これは前年の40%から大きな増加となる。(余談だが「今後使う計画のプラットフォーム」としては、Androidがトップで、 Windows Phoneが2位、Chrome OSが3位。iOSは4位となった。)

 モバイルウェブのメリットは、プラットフォームを問わずあらゆるウェブブラウザーで利用できる点、端末(プラットフォーム)を買い換えても使える点、開 発コスト(数あるアプリのうち、売上げが1000ドル以下のアプリが最も多いといわれており、今後アプリの開発コストを抑えることは重要となりそうだ)な どだろう。

現実にはHTML5でもその対応度はバラバラ
またユーザーにどう見つけてもらうか

 だが、課題もある。HTML5の場合、端末/プラットフォーム側の対応がバラバラだ。また、流通チャネルやユーザーによる発見がどうなるのかという点も 気になる。モバイルウェブでは、アプリストアではなく検索エンジンからの流入が主になりそうだが、FTやFacebookなどすでに知名度のあるコンテン ツプロバイダならともかく、現在アプリストアに並んでいる多数のアプリの場合はどうなるのだろう?


現状のアプリストアでは、大雑把に分けられたジャンルごとに用意されたランキングの上位にいないことには、なかなかユーザーに注目されない

 全体としては、App StoreとAndroid Marketの2大アプリストアが主流となる傾向は今後も変わりなさそうだが、アプリストア側とアプリ開発者との勢力関係が以前ほどアプリストア優勢では ない場合が出てきている、と見てよさそうだ。料理本を自費出版するという、Angry Birds開発元のRovioほどになれば、もうアプリストアは必要としていないようにも見える。

 人気アプリが手に入ることがアプリストアの魅力となるのであれば、アプリストア運営側(AppleやGoogle)は開発者、それにユーザーとの良好な関係を維持していく必要がある。今後、このバランス次第でアプリがどう流れるかが変わってきそうだ。

ASCII.JP×デジタル


Facebookも乗り出したか

もう、ごっちゃだな、うぉいw


ではではっ


JIN7(*´∀`*)



関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Profile

じんな!

Author:じんな!
水樹奈々さん好きです。
IS03ユーザーです。
音ゲーマーです。
当ブログについて

Since June 13 2011

Blog Relation
Service Registration
Search

Amazon
Total Access
Unique Access
Online Access
Ranking


人気ブログランキングへ

ランキング参加中!
クリックお願いします(^_^)
Latest Articles
Category

openclose

Links

相互リンク、相互RSSも随時募集中♪
気軽にコメント欄、または、Twitterまで♪
このブログをリンクに追加する
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
QR Code
QR
Free Area
Under Aid
NANA PARTY
Banner
当ブログのバナーです♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。