ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  Mobile Phone   »  Windows Phone  »  Androidのオープン性に警告するNokia、WP7戦略は成功するのか
Update Information

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Androidのオープン性に警告するNokia、WP7戦略は成功するのか

NokiaとMicrosoftの提携により、「Windows
Phone」の成功の鍵を握るのはNokiaになったと言っても過言ではないだろう。そのNokia CEOのStephen
Elop氏が6月9日、ロンドンのイベントでWindows
Phone戦略、Androidとの競合、Nokiaの建て直しなどについて語った。先に第2四半期の見通しを下方修正した上、同日CTOのRich
Green氏が休職することが明らかになるなど、取り巻く環境が厳しい中でのスピーチとなった。

では、続きからどうぞっ♪


iPhone、Androidでもない

第3のエコシステムを選んだNokia



 Elop氏はスマートフォン戦略で失敗が続いたNokiaを立て直すべく、2010年9月にMicrosoftからCEOとして迎えられた。2月に
Microsoftとの戦略提携を発表するまでの間、オープンソースの非営利団体だったSymbianを自社下に戻すとともに、1年前よりIntelと進
めてきた「MeeGo」を、「さまざまな価格帯で展開するには、開発の速度が不十分」という理由でメインから実験的なプロジェクトに格下げ。そして
Windows Phoneの採用を進めた。





Microsoft出身のNokia CEO、Stephen Elop氏


 スマートフォン市場についてElop氏は、「Appleはクローズドなやり方で、ユーザーエクスペリエンスにフォーカスしたスマートフォンを導入した」
とiPhoneの登場を形容する。そして、(閉鎖的なiPhoneが)「(オープンな)Androidを生んだ」「他社は一気にAndroid採用に走っ
た」と述べた。スマートフォン戦略変換の必要性があったNokiaはMicrosoftと組むことになる。「3つ目のエコシステムがある。これがわれわれ
の戦略だ」(Elop氏)。



 なお、Windows
PhoneとAndroidとを秤にかけたというElop氏は、Androidの3つの問題点を指摘した。1つ目はコモディティ化しており、製品の差別化
が図れない点、2つ目はフラグメンテーション(分断化)、3つ目はGoogleのコントロールだ。「オープンソースのコードもあるが、検索などのプロプラ
イエタリコードが入ると違ってくる」とElop氏は述べ、Googleが言う“オープン性”にやんわりと警告する。



 そこで、Windows
Phoneをローンチし、次期版「Mango」の開発に着手したMicrosoftと提携することにした。Nokiaのハードウェアメーカーとしての強
み、サービス側ではMicrosoftの検索技術とNokiaのナビゲーション技術など補完的な関係にあると強調する。


Windows Phoneのエコシステムを

本当に立ち上げることはできるのか?



 Elop氏は今後の戦略の柱として「ユーザーエクスペリエンス」「エコシステムの完成」「オペレータのサポート」「エコシステムをTV、ゲーム、車などに拡大」「開発者コミュニティ」の5つを示した。



 2011年中に発表が見込まれている初のWindows Phone端末は、ハイエンド向けの端末になるという。その後、さまざまな価格帯に拡大していく。差別化については「(最初の端末で)ユニークな差別化を図る。その後、差別化をさらに進めていく」と述べる。



 競合はあくまでもAndroidとAppleであり、現在Androidを採用しているメーカーがWindows
Phoneエコシステムに参加することにも期待していると語った(AndroidとWindows
Phoneの両方を採用するメーカーにはHTC、Samsung、LGなどがあり、Sony EricssonもWindows
Monile搭載機を社内で開発している)。合わせて、地図などのNokiaのサービスが、他社のWindows
Phone端末に搭載される可能性があることも示唆した。



 開発プラットフォームとしてのWindows
Phoneについては、Nokia端末から毎日600万件のアプリやコンテンツのダウンロードがあるとし、開発者に収益のチャンスを提供すると自信を見せ
た。2月にMicrosoftとの提携を発表して以来、現在Windows
Phoneは開発者がターゲットするプラットフォームとしては第3位で、これまでに2万以上のアプリケーションが開発されているという。



Nokia自身が変わることが成功には必要?



 このように話を聞いていると納得できるElop氏の建て直しプランだが、「“Systematic
Failure”(系統故障)をどうやって防ぐのか?」というアナリストの辛口の質問に対しては、歯切れが悪く、「開発に要する時間を最低でも3分の1に
縮小する」と答えるにとどまった。



 Nokiaは解雇を含む組織再編を進めており、実行スピードの加速を図っているとElop氏は強調した。官僚的で意思決定に時間がかかるといわれる
Nokiaの体質が本当に変わるかどうかは、今後様子見となる。また、ブランドのイメージが落ちている点についても、対策らしい対策を示さなかった。



 Nokiaのスピーチ後、Motorolaの幹部が「LiMoなどいくつかのOSを持っていた2~3年前の自分たちに重なる」とコメントした。
Nokiaが立て直しを進める一方で、スマートフォン市場は急速に動いており、買収のウワサも絶えない。Nokiaが巨大船の方向変換に成功するのか、こ
のまま沈んでいくのか。Elop氏のスピーチを聞いても、楽観できない気がした。


どうなるのやら・・・

引用:ASCII.JP×デジタル

JIN7(*´∀`*)



関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Profile

じんな!

Author:じんな!
水樹奈々さん好きです。
IS03ユーザーです。
音ゲーマーです。
当ブログについて

Since June 13 2011

Blog Relation
Service Registration
Search

Amazon
Total Access
Unique Access
Online Access
Ranking


人気ブログランキングへ

ランキング参加中!
クリックお願いします(^_^)
Latest Articles
Category

openclose

Links

相互リンク、相互RSSも随時募集中♪
気軽にコメント欄、または、Twitterまで♪
このブログをリンクに追加する
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
QR Code
QR
Free Area
Under Aid
NANA PARTY
Banner
当ブログのバナーです♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。