ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  PC   »  Linux  »  Linuxカーネルのアーカイブに第3者が不正侵入
Update Information

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Linuxカーネルのアーカイブに第3者が不正侵入



Linuxカーネルのソースコードなどをホスティングしている「The Linux Kernel Archives」が不正なユーザの侵入を受け、トロイの木馬やバックドアが仕込まれていたことがJohn Hawley氏より発表された。kernel.orgを構成するいくつかのサーバが少なくとも8月12日までに不正な侵入を受けた形跡が見つかったという。

この問題が発覚したのは8月28日。Xnestがインストールしていないにもかかわらず「Xnest /dev/memi エラー」が報告されたことに疑問を抱き調査したところ、第3者の侵入を受けていたことが判明したと説明がある。

この問題を受けてkernel.orgのサーバは完全に再インストールするという。また、SSH関連のファイルやバイナリが不正なものへ入れ替わっているため、すべてのユーザへSSH鍵の変更が薦められている。

不正な侵入を受けたものの、Linuxカーネルのソースコードは一切改変されていないという説明もある。Linuxカーネルは分散型のバージョン管 理システムであるGitで管理されているが、Gitはその構造上、不正な書き換えを実施しにくい仕組みになっている。また不正な変更をすれば世界中の開発 者がすぐに気がつくという特徴もある。



引用ページ


そんな事あったのか
知らなかったなぁ

関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Profile

じんな!

Author:じんな!
水樹奈々さん好きです。
IS03ユーザーです。
音ゲーマーです。
当ブログについて

Since June 13 2011

Blog Relation
Service Registration
Search

Amazon
Total Access
Unique Access
Online Access
Ranking


人気ブログランキングへ

ランキング参加中!
クリックお願いします(^_^)
Latest Articles
Category

openclose

Links

相互リンク、相互RSSも随時募集中♪
気軽にコメント欄、または、Twitterまで♪
このブログをリンクに追加する
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
QR Code
QR
Free Area
Under Aid
NANA PARTY
Banner
当ブログのバナーです♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。