ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  Mobile Phone   »  Android  »  「docomo Palette UI」は混沌のAndroid UIを制するのか!?
Update Information

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「docomo Palette UI」は混沌のAndroid UIを制するのか!?

スマートフォンの作法を守りつつ
ユーザーの使いやすさを追求するUI

 話題のスマートフォンやアプリは、いったいどんな人がどんな気持ちで作っているのか? 制作側のアツイ話を聞きたい! 製品に懸ける想いを聞けばきっと 愛着が湧くし、持っていなければ欲しくなるだろう。そんな思いから始まった本連載。第2弾は、NTTドコモが提供するAndroid端末に搭載される「docomo Palette UI」について、話を聞きに行った。

Palette UIのメインホーム画面
NTTドコモ プロダクト部 ユーザーインターフェース企画担当 松本 望氏

 そろそろ出そろったNTTドコモの2011年夏モデルだが、一部Android端末では、端末メーカーが異なるのにホーム画面が共通のデザインとなって いる。そのホーム画面こそが「docomo Palette UI」(以下「Palette UI」)だ。スマートフォン提供に本腰を入れているNTTドコモが開発したそのホーム画面とはどのようなものか? 同社プロダクト部 ユーザーインターフェース企画担当 松本 望氏にその特徴と開発秘話を聞いた。

──まず、「Palette UI」の特徴について聞かせてください。

松本 望氏(以下、敬称略) 「Palette UI」は、ホーム画面をカスタマイズする「ホームアプリ」と、そこで利用できる「ウィジェット」がセットになったものです。まず、追加したホーム画面の ページが、左右にフリックしても行き止まりのない「ループ構造」になっているのが大きな特徴です。

ホーム画面のページ(標準で4画面、最大12画面)は左右のどちらにフリックしいっても連続する「ループ構造」となっている。また、壁紙も連続性のあるデザインだ

松本 スマートフォンを使い込んでくると、画面がウィジェットでいっぱいになることがあります。しかし、 Palette UIではウィジェットの追加とともに、ホーム画面のページを増やしていくことができます。そして、増えたページもループ構造になっているので、左右にフ リックすることで、TVをザッピングするような感じで快適さを保ったまま使い続けていけます。

──セットになっているウィジェットとはどのようなものですか?

松本 ドコモマーケットの最新情報を伝えてくれる「ドコモマーケットウィジェット」、ウォッチしたいWebページをク リッピングしてくれる「Webページウィジェット」、写真を表示する「フォトフレームウィジェット」、発着信履歴を表示する「発着信履歴ウィジェット」が 用意されています。


ドコモマーケットの最新情報を入手できる。タップするとブラウザが起動して、マーケットにアクセスできる
指定したWebサイトの内容をクリッピングして表示。タップすると、当該サイトをブラウザで表示できる

保存されている画像を、自動的に更新しながら表示する
発着信ウィジェットは、文字通り発着信履歴を表示する

──ホーム画面のカスタマイズとウィジェット以外には、どのような機能が?

松本 アプリケーションの一覧が使いやすくカスタマイズされています。従来のホームアプリでは、プレインストールされ ているアプリのアイコンがアルファベット順やインストール順に羅列されているだけで、使いたいアプリを探すのにとても苦労しますよね? それらを「グルー プ分け」することで、目的のアプリにすぐにたどり着くことができます。

──プレインストールアプリ以外は分類できない?

松本 グループは自由に作成できます。ユーザーがダウンロードしたアプリはまず「ダウンロードアプリ」に分類されるので、そこから既存または作成したグループにアイコンを移動して分類できます。

アプリが「最近使ったアプリ」「ドコモサービス」「基本機能」「エンダーテインメント」「便利ツール」「おサイフ/ショッピング」「設定」「ダウンロードアプリ」の8グループに分類される。一番下の「SNS」は筆者が作成したグループ

──アプリ一覧での操作は、どのようになっているのでしょうか?

松本 グループ名をタップすればそのグループの開閉ができます。これはいたって普通ですが、いくつものグループを開い たときには、ひとつずつ閉じるのが面倒になりますよね。そのときはピンチインですべてのグループを閉じることができます。また逆に、ピンチアウトですべて のグループを開くことも可能です。


グループ名をタップしてグループごとの開閉が可能
アプリ一覧でピンチアウトすれば全グループが開いてアイコンが表示される。逆にピンチインですべてのグループが閉じる

Palette UI開発までの道のり
「橋渡し」するホームアプリを!

──Palette UIの開発のキッカケとは、どういったものだったのでしょうか?

松本 昨今のスマートフォンは、グローバルモデルをベースに開発され、日本向けに調整されています。従来のフィー チャーフォンのように、弊社と端末メーカーが製品の企画段階から話し合ってデザインや機能を決めるというのではなく、グローバルモデルの端末をどれだけカ スタマイズして、日本仕様にするかという時代になっています。そのため、どちらかというとハードウェアの差別化というよりは、ソフトウェアの差別化になっ ています。そこで弊社としては、どんなオリジナルのソフトウェアが用意できるのかを考え、そして、まずはホームアプリを提供しようということになったので す。

──なぜホームアプリだったんでしょう?

松本 お客様との接点となる重要なポイントがスマートフォンのホーム画面であり、弊社独自のエクスペリエンスをユー ザーに提供できるのではないかと考えたためです。スマートフォンを利用するユーザーはどんどん拡大しています。しかしその一方で、フィーチャーフォンをお 使いのユーザーも多く、弊社のお客さまだと約5000万人はおられます。それらのお客様が、スマートフォンへと移行しようとするときに、あまりに使い勝手 が違ってわからない、ということがないように、その橋渡しになるような中間的なUIを提供できないか、ということも考えてデザインや使い勝手を考えまし た。

──中間的というのは、どういうことでしょうか?

松本 フィーチャーフォンの使い勝手で評価が高いのは、搭載されている機能がグループ分け、カテゴリ分けされていて直 感的な操作が可能なところです。「12アイコンメニュー」はその象徴でしょう。機能がグループに分かれていて、短いステップで目的の機能や操作にたどり着 けます。一方、スマートフォンはアプリのアイコンがフラットに並んでおり、それらの意味を知っているユーザーにとっては、こちらも直感的でわかりやすいと 言えます。しかし不慣れなユーザーを「誘導する」という意味では少し敷居の高いインターフェースではないでしょうか。そんな違いのある、スマートフォンと フィーチャーフォンのUIをうまく融合した形で橋渡しになるモノが作れないかと、先ほど紹介したような機能を考えて搭載しました。

──開発はいつから始められたのでしょう?

松本 実は「Optimus chat L-04C」(2011年2月発売)にも「ドコモメニュー」というものを提供しているんですよ。それほど大きな話題にはならなかったんですが(苦笑)、そ れが下敷きとなっています。「ドコモメニュー」は、フィーチャーフォンの12アイコンメニューを模したようなデザインになっています。また、 Palette UIと同様に、アプリのグループ分けという機能を盛り込んでいます。


これがOptimus chatのホーム画面、ドコモメニュー

──「ドコモメニュー」がプロトタイプにあたるということですか?

松本 直接的なプロトタイプというわけではありませんが、これをさらに機能的に昇華させたものが今回の「Palette UI」と捉えていただければと思います。


──ほかにPalette UIの役目はありますか?

松本 弊社は今後、iモードで提供してきたサービスをスマートフォンにも移植して提供する予定です。たとえば「iチャ ネル」のようなものですね。そういったサービスと、スマートフォンの連携を高めるにはどうしたらいいか? ということを考えました。仮に、弊社がホームア プリを提供していないとすれば、我々にできることはアプリやウィジェット、それからライブ壁紙を提供するくらいに限定されると思います。しかし、ホームア プリを提供していれば、別の方法も含めて、それらのサービスを、よりお客様に伝えやすくなると考えたのです。

アプリ一覧のグループには「ドコモサービス」が設けられていて、ここにドコモ独自のサービスがカテゴライズされている

──「橋渡し」という意味では、フィーチャーフォンからスマートフォンへのユーザーの乗り換えが増えることを期待した面もあったのですか?

松本 そうですね。2011年夏モデルから、多くのユーザーがフィーチャーフォンからスマートフォンへ移行すると予想 しています。フィーチャーフォンの場合、左のボタンを押すと着信履歴だとか右を押すとリダイヤル、のようなある種の“作法”のようなものがあると思いま す。そういったフィーチャーフォンにある“作法”を踏襲することで、フィーチャーフォンからスマートフォンへ移行してきた人の、操作に対する抵抗感の敷居 を下げるという意味もあります。

「発着信履歴ウィジェット」は、メインのホーム画面から左にフリック操作して表示できる(デフォルト設定)

松本 その一方で、Androidにおける「作法」を崩さないということもポイントの1つです。

──具体的にはどういうことでしょう?

松本 ホーム画面があって、アプリの一覧があって、というのはAndroid端末のスタンダードな構成だと思います。 他社の某端末などでは、そういった「作法」をあえて外れてホーム画面とアプリ一覧を融合するような形になったものもありますが。ウィジェットを使い込んで いくうちにユーザーにとってホーム画面が使いにくくなってしまう可能性もあのではないかと思います。

──Androidの標準仕様から外れすぎないということですね。

松本 そうです。またAndroidの場合、OSのアップデートが頻繁に行なわれます。これまでの傾向を見るに、アッ プデートではホーム画面の仕様に大きな変化があることが多いようです。そのため、UIをあまりに独自仕様にしてしまうと、対応するのに時間がかかってしま うことが予想されるのです。OSのアップデートに迅速に対応するという意味でも、Androidの「作法」や「仕様」から外れ過ぎていないほうが望ましい んですね。そういったことを考え、ムリしすぎない範囲で可能な工夫を盛り込んで、Palette UIのデザインや仕様を考えました。

──なるほど、では次回はそのへんの苦労話などを重点的に聞かせてください。

 フィーチャーフォンとスマートフォンの橋渡し的に誕生したPalette UI。動きの速いスマホの世界に翻弄されつつも、多くのユーザーの意見を取り入れ、スマホ移行組に違和感なく使ってもらうためにどのようなアイデアが採用 されたのか? 本インタビューの後編ではPalette UIの核心に触れていく。


引用ページ

関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Profile

じんな!

Author:じんな!
水樹奈々さん好きです。
IS03ユーザーです。
音ゲーマーです。
当ブログについて

Since June 13 2011

Blog Relation
Service Registration
Search

Amazon
Total Access
Unique Access
Online Access
Ranking


人気ブログランキングへ

ランキング参加中!
クリックお願いします(^_^)
Latest Articles
Category

openclose

Links

相互リンク、相互RSSも随時募集中♪
気軽にコメント欄、または、Twitterまで♪
このブログをリンクに追加する
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
QR Code
QR
Free Area
Under Aid
NANA PARTY
Banner
当ブログのバナーです♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。