ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  PC   »  Mozilla  »  Firebug 1.8.0登場 - Firefox 5に対応、新機能も多数
Update Information

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Firebug 1.8.0登場 - Firefox 5に対応、新機能も多数


Firebugワーキンググループは7月29日(米国時間)、Firebugの最新版となる「Firebug 1.8.0」を公開した。Firefox 5に対応したバージョンとなる。ワーキンググループはすでにFirefox 6以降を対象としたFirebug 1.9.x系の開発に取り組んでいると説明がある。

Firebug 1.8.0は安定性と性能の向上に主眼をおいたリリースとされているが、いくつか機能の拡張も実施されている。ただし、大きな機能拡張というよりも、開発者が実際に必要とする細かい改善という側面が強い。

Firebug 1.8.0における主な機能拡張は次のとおり。

  • 新しいconsole.timeStamp()メソッドの導入。
  • ネットパネルにおけるIPアドレス表示機能の実現。
  • HTMLプレビュー機能の微調整。
  • スクリプトロケーションリストの改善。
  • コマンドラインコンテンツ履歴をページをまたいで利用できるように変更。
  • DOMパネルの表示オプションを新しく2つ追加。
  • CSSパネルカラーツールティップの導入。
  • CSS値変更のためのショートカットキー導入。
  • 外部エディタ利用のための機能改善。
  • レイアウトサイドパネルにおけるbox-sizingの対応。

先月、Firebugの主要開発者が、同プロダクトの開発から撤退し、Chromeの開発チームへ参加することを発表したことで、Firebugの今後の動向が注目されていた。しかし、FirebugワーキンググループはFirebug 1.9.0の開発概要にも触れるなど、積極的に開発を進めていく姿勢であることがわかる。

Firebugでは内部の構造を改善する取り組みが進められている。内部構造をRequireJSを使って非同期モジュールによる構成へ変更する作 業だ。非同期モジュール化が完成すると、Firebugを有効にしているために発生するFirefox起動時の遅延がなくなるほか、Firebugインス トール時に再起動が不要になる。そのほかマルチプロセスFirefox (Electrolysis)との相性の良さ、Firebug Liteとコード共有化の促進、コードベースの見通しが良くなるといった利点があると説明されている。

Firebug 1.8.0における機能拡張の詳細はFirebug 1.8 New Featuresにまとまっている。Firebugワーキンググループの活動からは、今後も定期的にFirebugの最新版がリリースされるものとみられる。




引用:マイコミジャーナル
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Profile

じんな!

Author:じんな!
水樹奈々さん好きです。
IS03ユーザーです。
音ゲーマーです。
当ブログについて

Since June 13 2011

Blog Relation
Service Registration
Search

Amazon
Total Access
Unique Access
Online Access
Ranking


人気ブログランキングへ

ランキング参加中!
クリックお願いします(^_^)
Latest Articles
Category

openclose

Links

相互リンク、相互RSSも随時募集中♪
気軽にコメント欄、または、Twitterまで♪
このブログをリンクに追加する
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
QR Code
QR
Free Area
Under Aid
NANA PARTY
Banner
当ブログのバナーです♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。