ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  Mobile Phone   »  Android  »  高速起動&連写でサクサク撮影できるスマホはこれだ!
Update Information

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高速起動&連写でサクサク撮影できるスマホはこれだ!

スマートフォンのカメラ機能の高機能化が進んでおり、ケータイでおなじみの要素が搭載されはじめている。そこで今回はカメラ機能に特徴のある4機種 を用意。2回にわたって機能をチェックしてみる。まずはカメラが“軽快に使えるか”を中心に比較してみた。実際の利用シーンで気付いたことも随時紹介する。

今回用意したのはカメラ重視のこの4台

 まずは今回テストに使用する機種を紹介しよう。以下の4台だ。

●NTTドコモ「Xperia arc SO-01C」
●NTTドコモ「MEDIAS WP N-06C」
●au「AQUOS PHONE IS12SH」
●ソフトバンク「AQUOS PHONE 007SH」

国内メーカー製のスマホを中心にカメラ機能の強化が進んでいる

 Xperia arcはソニーの裏面照射型CMOSセンサー「Exmor R for mobile」を搭載し、開放F値2.4のレンズで明るく撮れることをウリにしている。夏モデルのドコモ/auの「Xperia acro」も基本的に同じカメラ機能を搭載しているので、Xperia acroの購入を考えている人にも参考になるだろう。また撮影間隔もかなり短くなっているという。

 MEDIAS WPは、NEC製ケータイでおなじみの「瞬撮」に対応した機種だ。カメラの起動時間が最短約0.8秒、撮影間隔が最短約0.9秒という数値には期待が高まる。また後述するが連写機能もなかなか強い。

 AQUOS PHONE IS12SHはツインカメラを搭載した3Dが撮れるスマートフォン。また、シャープ製ケータイの流れをくむ多彩な機能を用意している。

 AQUOS PHONE 007SHは16.1メガという非常に高画素なCCDセンサーを搭載する。このスペックをみるとケータイのAQUOS SHOT級の実力を持っていると期待が持てる。メーカーとブランド名が同じauのIS12SHとは機能も共通しているが、細かく比較してみると若干の違いもあった。

テスト内容とその結果

 まずは下の表を見てほしい。主要機能の対応表と、「カメラの起動時間」「撮影間隔」のテスト結果だ。

  ドコモ「Xperia arc」 ドコモ「MEDIAS WP」 au「AQUOS PHONE IS12SH」 ソフトバンク「AQUOS PHONE 007SH」
有効画素数 810万画素CMOS 510万画素CMOS 805万画素CMOS×2 1610万画素CCD
手ブレ補正 ○(静止画のみ)
AF
3D撮影 × × ○(静止画のみ)
カメラ起動時間 3.59秒 2.99秒 3.77秒 2.48秒
撮影間隔 1.25秒(初期設定)/0.86秒(スポーツ) 1.53秒(クイックショット)/3.75秒(標準) 2.22秒(初期設定)/2.85秒(3D)/2.22秒(スポーツ) 4秒(初期設定)/3.52秒(スポーツ)
連写(最多枚数) なし 100枚(0.5/1.0/2.0秒間隔)/25枚(0.04/0.1秒間隔) 100枚 100枚
最大サイズ なし VGAのみ HD(10枚) HD(10枚)

 まず3Dについては、ツインカメラを搭載しない007SH(ディスプレーはIS12SHと同様に裸眼3D対応液晶)でも、撮影する際に右にスライドさせ る方法で3Dの静止画を撮影できる。また手ブレ補正についても静止画のみだが、今回は静止画のテストなので、両方○とした。

 意外なことにXperia arcに連写機能がない。またMEDIAS WPの連写機能は撮影サイズが「VGA」に固定される。IS12SHと007SHはどちらも最大100枚の撮影が可能。そしてHDサイズでも10枚の連写ができる。

カメラの起動で最速はソフトバンク「007SH」

 カメラの起動時間については、初期化した状態で「ストップウォッチ押す」→「カメラアイコンをタッチ」→「撮影画面になる」→「ストップウォッチ止め る」という方法で計測した。あくまで手動による計時なのでメーカーの公式スペックと異なる点には注意していただきたい。今回は3回計測して、平均値を掲載 している。またテスト前に事前に一度チェックして、「位置情報の同意」といった画面を非表示にした。

 結果、一番速いのはなんと007SH。MEDIAS WPも速いのだが、さらに007SHは撮影画面の表示が速かった。Xperia arcとIS12SHは遅いというよりは“普通”だろう。特にIS12SHはワンタッチで3Dになる「3Dアイコン」の表示が少々遅く、そのせいで撮影も 一歩遅れる結果となってしまった。3Dが撮れるゆえの仕様で、仕方ないところか。

連写で最強は「Xperia arc」
「MEDIAS WP」も定評どおり健闘

 「撮影間隔」のテストは、“走っている電車を撮影する”ことを想定した。被写体が現われて慌てて撮るイメージだ。あらかじめ撮影画面にしておき、1分間 のタイマーをセット。「電車が現われる」→「タイマー押す」→「撮影開始」→「タイマー終了までひたすら撮る(なお全機種タッチでシャッターを切ってい る)」という流れだ。

 終了後枚数を数え、1枚の撮影に何秒かかったかを計算する。もちろん電車はすぐに通り過ぎてしまうので、通り過ぎたあとは1分経過するまで、何も通らない鉄橋を写しながらひたすらシャッターを切る。

 これで速かったのが、Xperia arcだ。初期設定の「シーン検出」で1枚あたり1.25秒、シーン設定で「スポーツ」にしたところ1枚あたり0.86秒だ。


Xperia arcの撮影間隔テストで撮影した写真。右写真はシーン設定を「スポーツ」にした写真。撮影間隔が短くなる代わりに若干色味などが微妙になっている

 次にMEDIAS WP。公式数値の最短0.9秒とまではいかないが、クイックショットでは1枚あたり1.53秒で撮影している。しかも「標準」モードで撮影すると、1枚あ たり3.75秒なので、速度は2倍以上になっている。不運だったのは、続けて撮影し過ぎたためか、その画像を保存するためか、途中少し長めの待ち(ロー ド?)時間があったこと。数枚だけササっと撮るなら、おそらくはもっと速くなったはずだ。

 IS12SHは3Dの撮影はやはり遅かった。しかしそれでも1枚あたり2.85秒。007SHはかなり不利で初期設定では1枚撮影するのに4秒かかって いる。恐らく最適な設定ができれば、もっと速いのだろうが、とっさには難しい。今回はスポーツモードにすることで、少し短縮できた。

 もっとも、軽快に撮れても、全部ピントが合ってない、なんてことでは困る。撮影した画像で車両が写っているものを中心に、キレイなものをピックアップしつつ、連写や各機種の機能について解説しよう。 

連写はないが、サクサク撮影と画質で勝負
ドコモ「Xperia arc SO-01C」

 連写機能はないが、前述のとおり撮影間隔が短いので、サクサクと撮れる。端末の売りとして語られているとおりに、暗い場所でも他の機種と比べて明るく撮ることができた。やはりレンズが明るいと見た目がキレイな写真を撮りやすいのは間違いない。

 下の写真は今回「撮影間隔テスト」で撮影した写真の一部だ。左が「初期設定(シーン検出)」時、右が「標準(スポーツシーン)」によるものだ。


写真を見ると細かなところまでハッキリ写っている。魚の跳ねた(?)波紋や、対岸で水遊びをしている人たちまでわかる。ただ、「スポーツシーン」で撮影した写真は空が紫がかってしまった。やはりシーン設定はお任せのほうがよさそうだ

 今回のテストでは連写機能が無いことが不利に働いたが、次回は夜景も含めた撮影もテスト予定なので、画質が気になる人はそちらも楽しみにしてほしい。

瞬撮に加えて、連写もスゴイ
ドコモ「MEDIAS WP N-06C」

 カメラの起動時間、撮影間隔ともに惜しくも2位。ただテストの方法次第では逆転もありそうだ。Xperia arcにはない「連写モード」があるうえ、この連写設定が細かくて面白い。まず撮影間隔を「0.04秒/0.1秒/0.5秒/1.0秒/2.0秒」の中か ら決められる。これは1枚を何秒で撮るかを決める。撮影枚数は5~100枚まで。ただし0.04秒と0.1秒では最大25枚までになる。


連写の間隔を細かく設定できる。0.04秒では最大25枚。これは1秒間に25枚もの写真を撮れるということだ

 ちなみに0.04秒で撮影すると25枚でもたったの「1秒」で撮り終える計算になる。本当に一瞬だ。逆に2秒で100枚撮影する場合は、撮り終えるのに 約3分半かかる。その間、シャッターが自動的に2秒間隔で切られる。被写体次第でおもしろい写真が撮れそうだ。ただし撮影サイズはVGAなので、プリント ではなくウェブなどに掲載するような用途が前提になる。

 以下は、撮影間隔テストと、連写で撮影した写真の一部だ。


左はクイックショットで撮影した写真。かなり明るく撮れている。右の標準モードで撮影 している写真は暗めで緑っぽい部分や紫色が出ていて、クイックショットのほうがきれいに見える。速く撮れてキレイに撮れるなら、クイックショット任せでよ いのかもしれない。ただしXperia arcと同じように対岸を見てみると、ボケているのか、潰れているのか、少し精細さには欠けているように見える

0.04秒間隔で撮影した1枚目と25枚目の写真。電車が数メートル動いたところで撮り終えた。速過ぎる!

こちらは2秒で100枚連写の写真。200秒間鉄橋を撮影し続けていると計4本の電車が撮影できた

3Dも撮影できるが、実はとても標準的なカメラ
au「AQUOS PHONE IS12SH」

 IS12SHは飛び抜けてよい結果ではないが、どんな機能にもまんべんなく対応しており、ケータイ的なカメラ機能をスマートフォンでもそのまま求める人 には最適かもしれない。カメラのメニューはTapFlow UIという、シャープ独自のメニューを採用し、よく使う機能ほど大きくアイコンが表示される。

 初期設定では「おまかせオートカメラ」で「シーン自動検出」だが、「シーン設定」で「スポーツ」などを選べる。連写機能は[カメラ切り替え]→[連写カ メラ]を選択。選択後、もう一度TapFlow UIを見ると連写設定変更アイコンが表示されているので、ここで「高速連写」「普通連写」「マニュアル」「ベストセレクト」を選択できる。


AQUOS PHONEはケータイっぽい細かな設定と機能がある

 最大枚数の“QVGAで100枚”(初期設定)、最大サイズの連写“HDで10枚”を撮るなら「高速連写」を選ぼう。「普通連写」は撮影間隔が遅いかわ りに、ちゃんとピントが合う。「マニュアル」は撮影タイミングが通常通りタッチ次第。そのかわりフォーカスロックの時間がほとんどない。MEDIASのク イックショットに近いのだが、こちらは連続9枚まで。撮影サイズも最大QHDまでなのが惜しい。ベストセレクトは、シャッターを押す前後の写真も撮ってく れる。


撮影間隔テストで撮影した写真。IS12SHの写真は全体的に緑っぽく撮れているのが 気になるが、精細さは十分。Xperia arcと同じく、対岸の人がちゃんと写っているのがわかる。また鉄橋下をくぐって飛んでくる鳥が写っていたり、と何も考えずにシャッターをただひたすら押 している割には、ハッキリ写っている

QVGAで100枚連写した写真の最初と最後。MEDIASの0.04秒連写同様、こちらも撮影終了はあっという間。電車が若干移動したところで撮影終了

こちらはQHDサイズで高速連写(左)と、普通連写(右)で撮影した写真。高速連写はほとんどボケているのに対し、普通連写はピントがバッチリあっている

設定で調整が若干必要か
ソフトバンク「AQUOS PHONE 007SH」

 同じAQUOS PHONEでもIS12SHより若干暗かったのが残念。今回は曇り空だったので、晴天時や他の被写体では違う結果になるかもしれない。機能はIS12SH と似通っているのだが、「連写設定変更」に若干の違いがみられた。たとえば、高速連写と普通連写では最大サイズがIS12SHはQHD。しかし007SH では高速連写でHDサイズ、普通連写ではFWVGAまでと異なる。実際に撮影した写真を見ると、撮影素子も違うためか、相当異なる印象を受ける。


IS12SHと比べると若干暗めに感じる。ただし緑っぽさは薄れているようだ。こちら の写真でも鳥が寄ってきて入り込んでいるが、勢いよく飛んでる鳥が写っている。右写真の「スポーツモード」で撮影した写真はピントが合っていない感じがす るが、暗いせいでより見えづらい感じになっているようだ

IS12SHと同じQVGAによる連写撮影でも、画像が粗く見える。暗いせいもあってちょっと、このままではウェブでも使いにくい。ただし連写の性能はやはり高速だ

左はHDの高速連写。IS12SHのQHDの高速連写よりハッキリ写っているが若干粗い感じが気になる。右はFWVGAサイズで撮影した普通連写による写真。こちらはIS12SHのQHDサイズと比べると当然粗いのだが高速連写で撮るよりはキレイに見える

サクサク撮影で一歩リードなのはXperia arcか?
しかし次回のさらなる撮影テストで逆転はあり得そう

 今回のテストを見ると、かなり結果が分かれた。カメラの起動時間なら007SH、サクサク撮影するならXperia arc、連写ならMEDIAS WP、IS12SHはトップの項目こそなかったが、3D撮影があるし……と、ユーザーがどの点を重視するかで、購入の有力候補が変わるだろう。

 撮影した写真を見ると、素人目でもキレイに見えるのはXperia arcで一歩有利に思える。ただし、画質は好みもあるので、もう少し撮り比べてみたい。次回は花や夜景、デジタルズームなどを使ってさらに詳しく比較する。

引用:ASCII.JP


ケッコー違いあるんですねー

まあ、参考にでもぞうぞ!



関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Profile

じんな!

Author:じんな!
水樹奈々さん好きです。
IS03ユーザーです。
音ゲーマーです。
当ブログについて

Since June 13 2011

Blog Relation
Service Registration
Search

Amazon
Total Access
Unique Access
Online Access
Ranking


人気ブログランキングへ

ランキング参加中!
クリックお願いします(^_^)
Latest Articles
Category

openclose

Links

相互リンク、相互RSSも随時募集中♪
気軽にコメント欄、または、Twitterまで♪
このブログをリンクに追加する
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
QR Code
QR
Free Area
Under Aid
NANA PARTY
Banner
当ブログのバナーです♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。