ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  PC   »  Apple  »  アップル、SIMロックフリー「iPhone 4」を米国で発売
Update Information

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アップル、SIMロックフリー「iPhone 4」を米国で発売

Appleは、SIMロックが施されていない「iPhone 4」を米国で正式に販売開始した。

 Appleの米国のオンラインストアには、ロックされていないiPhone 4の16Gバイト版と32Gバイト版の両方が掲載されており、ブラックモデルかホワイトモデルを選択できる。16Gバイト版の価格は649ドル、32GB版の価格は749ドルだ。

 Appleは現在、SIMロックが施されたiPhone 4の16Gバイト版と32Gバイト版をそれぞれ199ドルと299ドルで販売している。

 SIMロックフリー版iPhone 4の製品ページで、Appleは以下のように説明している。「あなたが複数年サービス契約を望まない場合や、国外に出かけたときに滞在先の通信事業者を利 用したい場合は、ロックされていないiPhone 4が最良の選択となるでしょう。本製品にはmicroSIMカードが付属しないため、各国のGSM対応通信事業者が提供する有効なmicroSIMカード が必要になります」

 後半の説明は、購入を検討している人にとっておそらく最も重要な点だろう。ロックされていないAppleのスマートフォンは、米国では AT&TとT-Mobile USAのネットワークでしか利用できない。ただしAppleは、同製品が各国の「GSM対応通信事業者」のネットワーク上でも利用できると述べている。

 「iPhone」のロック解除は、長い間一部のiPhoneユーザーによって行われてきた。長年にわたって複数のロック解除ツールが公開され、 AT&Tの束縛から逃れたい、米国内でT-Mobile USAを試したいと望む人々が利用してきた。たとえば、iPhone Dev Teamが「ultrasn0w」というiPhone 4向けのロック解除ツールを公開しており、ユーザーはこのツールにより、自分のiPhone 4、「iPhone 3GS」「iPhone 3G」をロック解除して、他の通信事業者のネットワークで利用することが可能になっていた。

 だが、iPhoneのロックを解除するより正式な手段を求める米国のユーザーは、これまで待つしかなかった。一方、米国外の一部の国ではすでに、 ロックされていないiPhoneが選択可能になっている。Appleは2010年、カナダでロックされていないiPhone 4を販売開始しており、その前には英国のユーザーにも同様の製品を提供開始した。

引用:CNET Japan


なっ!!!



日本でも発売してくれー!


ま、気長に待つとしようかな


ではではっ


JIN7(*´∀`*)



関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Profile

じんな!

Author:じんな!
水樹奈々さん好きです。
IS03ユーザーです。
音ゲーマーです。
当ブログについて

Since June 13 2011

Blog Relation
Service Registration
Search

Amazon
Total Access
Unique Access
Online Access
Ranking


人気ブログランキングへ

ランキング参加中!
クリックお願いします(^_^)
Latest Articles
Category

openclose

Links

相互リンク、相互RSSも随時募集中♪
気軽にコメント欄、または、Twitterまで♪
このブログをリンクに追加する
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
QR Code
QR
Free Area
Under Aid
NANA PARTY
Banner
当ブログのバナーです♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。