ホーム   »  Multimedia
Category | Multimedia
Update Information

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“PSP the Best”&“PS3 the Best”2012年4月のラインアップが公開 『Oblivion GOTY Edition』などが登場

●2012年4月は人気作が3タイトル登場

 ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンは、2012年4月発売予定の“PSP the Best”、“PlayStation 3 the Best”のラインアップを発表した。2012年4月に発売されるのは、“PSP the Best”が1タイトル、“PlayStation 3 the Best”が2タイトルとなる。


新しいフォルダ/絶対ヒーロー改造計画.jpg 新しいフォルダ/PS3_OBLIVION.jpg 新しいフォルダ/PS3_Fallout3.jpg

■絶対ヒーロー改造計画 PSP the Best
メーカー:日本一ソフトウェア
発売日:2012年4月26日
価格:UMD版は2940円[税込]、ダウンロード版は2200円[税込]

■The Elder Scrolls IV: Oblivion Game of the Year Edition PlayStation3 the Best
メーカー:ゼニマックス・アジア
発売日:2012年4月26日
価格:2940円[税込]

■Fallout 3 Game of the Year Edition Best PlayStation3 the Best
発売日:2012年4月26日
価格:2940円



引用ページ


PS3もってないですwwww
ほしい・・・

スポンサーサイト

RP-HJE180♪



今日、パナソニックのRP-HJE180を買ってきました♪

ヤバイです(*≧∀≦*)

前はパナソニックのRP-HJE150を使ってきましたが断線しかけなので(笑)

まあ、一言でいえばコレの上位機種みたいな感じですね♪
低音がかなりでてて、籠り感はあまりなかったですね!
オススメの逸品ですよー(*^^*)

ではではっ♪

エレクトロニック・アーツ、「バトルフィールド 3」 マルチプレイ新着画像を公開

11月2日 発売予定

価格:7,655円(PS3/Xbox 360)
   オープンプライス(Windows)

CEROレーティング:D(17歳以上対象)


 エレクトロニック・アーツ株式会社は、11月2日発売予定のミリタリーファーストパーソンシューティング「バトルフィールド 3」のマルチプレイ新着画像を公開した。同作の価格はプレイステーション 3/Xbox360版が7,655円、Windows版がオープンプライス。CEROレーティングはD(17歳以上対象)。

 「バトルフィールド 3」は6年ぶりのナンバリングタイトルとなるシリーズ最新作。巨大な戦場をリアルなグラフィックスで描いている。東京ゲームショウ2011でシングルモードは公開されており、全国5都市で体験会も実施された。

 今回公開されたのは、マルチプレイ新着画像。じっくりとご確認いただきたい。


【パッケージ】

【「マルチプレイ」スクリーンショット】

(C)2011 EA, EA SPORTS, EA Mobile and POGO are trademarks of Electronic Arts Inc. Battlefield: Bad Company, Battlefield 2, Battlefield 3 and Frostbite are trademarks of EA Digital Illusions CE AB. Xbox and Xbox 360 are trademarks of the Microsoft group of companies and are used under license from Microsoft. “PlayStation” is a registered trademark of Sony Computer Entertainment Inc. All other trademarks are the property of their respective owners.








面白そうだけどPS3ねぇ!
やってみてーーw

【CEATEC JAPAN 2011】 ソニーブース、Xperia PLAYに加えPlayStation Vitaも登場

4K解像度のプロジェクターや3D動画撮影が可能なデジタル双眼鏡など、CEATEC 2011開催直前に大型の新製品発表が相次いだソニー。同社のブースでは、すでに発売済みのものから近日発売予定のものまで、Androidスマートフォ ン、ウォークマン、電子書籍リーダー、さらには最新ゲーム機まで、ずらりと勢揃いした。

 他社がテレビなどのAV機器や省電力関連ソリューションの展示に力を入れる中、ソニーはモバイル機器の展示に比較的大きめのスペースを割 いていた。直前に発表のあったデジタル双眼鏡の展示も目立っていたとはいえ、モバイル機器、特にAndroid端末にかける並々ならぬ意気込みが感じられ る。

ソニーのモバイル機器の展示ブース Xperiaシリーズ、ウォークマン、Readerの展示が横並びに
PlayStation Vitaはやはり人気が高い ステージでは“楽しむ”をキーワードにさまざまなシーンをソニーの新製品で実演

 まず、近日発売予定となっている最新のAndroidスマートフォン「Xperia PlAY」が、試用可能な状態で展示されている。通信こそできない状態だったが、「クラッシュバンディクー」や「みんなのGOLF」「がんばれ森川君2 号」など、計14個のゲームがインストールされており、実際にプレイして操作感などを確かめられる。その他、Xperia ray、Xperia acro、Xperia arcの各機種も自由に触れる状態で並んでいるが、すでに発売済みであるせいか、立ち止まって見る人は少なめだった。

ホーム画面には14個のアプリアイコンが並んでいた 開いた状態での裏面 閉じた状態での裏面 上部に設けられたLRキーとボリュームボタン
ゲームを起動すると懐かしいPlayStationロゴが表示 プレイステーション用ゲームの名作「がんばれ森川君2号」のタイトル画面 Xperia rayより一回り大きめのサイズ Xperia rayと比べると倍近い厚さがある

 Xperiaシリーズのすぐ隣には、12月10日発売予定のAndroid搭載ウォークマン「Z1000」シリーズが並ぶ。レッドとブ ラックの各カラーバリエーションが用意され、プレーヤーアプリで動画や音声ファイルの再生など一通りの操作が可能。ヘッドフォンやイヤフォンが接続されて おり、実際に聴いて音質などを確かめることができる。

音楽再生中の画面 マルチメディア関連の機能をまとめたランチャーを標準装備 もちろんAndroid マーケットも利用可能 端末内の動画などをDLNA対応機器上で再生可能
動画の見たい場所をドラッグしながらすぐに見つけられるシーンサーチ機能 イコライザーやサラウンド機能など、さまざまな音質調整機能を備える 写真の一覧画面 画面下部のスライダーをドラッグするとサムネイルのサイズをなめらかに変更できる
本体の裏側 Xperia acroと比較すると一回り大きく、厚みはほぼ同等 Xperia arcのように背面が弧を描く形状を採用している

 さらに、先月発表されたばかりの電子書籍リーダー「Reader」もブラック、ホワイト、レッドの各色を取り揃えた。Wi-Fiモデルの みの展示となっていたが、ダウンロード済みの書籍データをいくつか閲覧できる。16階調のグレースケールの電子ペーパーであるため、画面表示の速度はやは り通常の液晶ディスプレイには劣るものの、書籍のほかに、画像ファイル(JPEG)の閲覧や音声ファイル(MP3)の再生も可能になっている。

電子書籍リーダー「Reader」ブラック こちらはホワイト レッドも展示されている 物理キーはAndroid端末風
Readerのマニュアルを表示させた状態 右下のメニューキーを押すと、やはりAndroid風のメニューが表示される グレースケールのJPEG画像を表示させたところ MP3ファイルも再生可能
合計16台ものSony Tabletが並ぶ

 一方、先月発売された「Sony Tablet」も、Sシリーズ、Pシリーズ合わせて16台と大量に展示している。それらを自由に操作できるようになっている横では、説明員がタブレットを 持って、近くに設置された大画面テレビとの連携をアピール。DLNA機能を使い、タブレット側で選択した動画や静止画像を、テレビに映し出すデモを行って いた。

自由に触れて楽しむことができる 説明員がDLNA機能をデモンストレーション
見たいファイルをドラッグ操作するだけで指定した機器で再生が開始する 大画面で静止画像を表示

最新のゲーム機「PlayStation Vita」も展示されていた

 なお、12月17日発売予定の最新ゲーム機「PlayStation Vita」も登場。実際に試遊可能な状態となっていたこともあり、4台用意されたVitaの前には特別招待日である初日にもかかわらず行列ができるほどだった。

用意されたVitaは4台 実際にゲームをプレイできる

 



引用ページ


Vitaほしい~♪

今後に期待(*´∀`*)

REFLEC BEAT plus

REFLEC BEAT plus

新感覚対戦型リズムアクションゲームがiOSに登場


  • ジャンル:新感覚対戦型リズムアクションゲーム
  • 仕様:
    配信予定日:2011年配信予定
    対応端末:iPad/iPad 2
    価格:未定
  • プレイ人数:1~2人
REFLEC BEAT plusとは?
REFLEC BEAT plusは音楽にあわせてオブジェクトをはじき相手とスコアを競う対戦型音楽ゲームです。
ゲームの遊び方についてはアーケード版のHPをご確認下さい。

1台のiPadで2人対戦ができます。
スクリーンショット
スクリーンショット

※画面は開発中のものです



引用ページ



遂にリフレクキターーー!!

絶対買う!!


Profile

じんな!

Author:じんな!
水樹奈々さん好きです。
IS03ユーザーです。
音ゲーマーです。
当ブログについて

Since June 13 2011

Blog Relation
Service Registration
Search

Amazon
Total Access
Unique Access
Online Access
Ranking


人気ブログランキングへ

ランキング参加中!
クリックお願いします(^_^)
Latest Articles
Category

openclose

Links

相互リンク、相互RSSも随時募集中♪
気軽にコメント欄、または、Twitterまで♪
このブログをリンクに追加する
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
QR Code
QR
Free Area
Under Aid
NANA PARTY
Banner
当ブログのバナーです♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。