ホーム   »  Software
Category | Software
Update Information

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Microsoft、「Internet Explorer 10 Platform Preview 5」を公開

「Internet Explorer 10」v10.0.8250.0 Pre-release 「Internet Explorer 10」v10.0.8250.0 Pre-release

 米Microsoft Corporationは2月29日(現地時間)、次期「Internet Explorer」の最新プレビュー版「Internet Explorer 10 Platform Preview 5」(以下、IE10 PP5)を公開した。IE10 PP5は、同日公開された次期Windowsの一般ユーザー向けプレビュー版「Windows 8 Consumer Preview」に同梱されている。

 IE10 PP5では、これまでのバージョンよりもさらにHTML5への対応が拡充されたほか、パフォーマンスも向上している。Webページに特殊なメタタグやスク リプトを埋め込んで、Windows 8の機能や新しいMetroスタイルのアプリケーションと連携させることも可能。

“Metro”デスクトップで利用したIE10 PP5 “Metro”デスクトップで利用したIE10 PP5

従来のでデスクトップで利用したIE10 PP5 従来のでデスクトップで利用したIE10 PP5

 なお、Windows 7向けの「Internet Explorer 10 Platform Preview」は、昨年7月に公開されたIE10 PP2を最後に後継版が公開されていないが、サポートが打ち切られたわけではない。同社によると、正式版ではWindows 7/Server 2008 R2/8/Server 8の各Windowsに対応するとのこと。



引用ページ


最近IE使ってないなぁ
どうなんだろ??

スポンサーサイト

「アバスト! 無料アンチウイルス 7」公開、定義ファイル常時更新など機能強化

 チェコのAVAST Softwareは23日、無料のウイルス対策ソフト「アバスト! 無料アンチウイルス 7」を公開した。個人および非商用での使用に限り無料で利用できる。対応OSはWindows 7/Vista/XP/2000。

 「アバスト! 無料アンチウイルス 7」では、クラウド技術を活用した機能として、定義ファイルの「ストリーミング更新」機能を搭載。定義ファイルを常に更新し続けることで、新しいマルウェアにもいち早く対応できる。

 また、クラウドにある数百万の実行ファイルのデータベースに基づいてファイルの安全性を評価する新たな「ファイル評価システム」を搭載。ユーザーがファイルを開く前に、ファイルが安全であるかを確認できる。

 このほか、疑わしいプログラムを自動的に隔離された環境でテストする「自動サンドボックス」機能や、システムからブラウザーを隔離する 「サンドボックスブラウザ」、フィッシングサイトを検知する「ウェブ評価」機能などを強化。Windows 8のベータ版にも対応し、システムレベルのrootkitやbootkitに対するEarly-Load Antimalware Driverのような、Windows 8ベータ版向けの機能も備える。

引用ページ


avastにはPC、Androidともどもお世話になってるww
めっちゃ使いやすいです♪

開発終了宣言された「FFFTP」がオープンソースとして開発再開・バージョンアップ-“FTPS Explicit”接続に対応するなど新機能も搭載

「FFFTP」v1.98定番FTPクライアントソフト「FFFTP」の、有志によって開発された新バージョンとなる「FFFTP」v1.98が、12日に公開された。 「FFFTP」は8月31日、原作者である曽田純(Sota)氏によりに開発終了が宣言されたが、以前よりソースコードが公開されていた。

 「FFFTP」は、ローカル側とホスト側のリスト画面を左右に並べて表示するタイプの日本語FTPクライアントソフト。1997年頃より約14年の間、多くのユーザーに愛用され、開発終了が宣言された際には大きな反響を呼んでいた。

“FTPS Explicit”に対応 “FTPS Explicit”に対応



 最新版のv1.98では、オープンソースとして開発されているだけではなく、大きな新機能も搭載されている。たとえば、送受信データを SSL/TSLで暗号化するFTPSの一種“FTPS Explicit(FTP over Explicit SSL/TLS)”接続に対応した。また、アスキーモード転送時の漢字コード変換機能がUTF-8に対応した。

 さらに、Unicode文字を含むファイル名を利用できるようになったほか、ホストとの同時接続数の最大値が“4”に増加された。そのほ か、ファイル一覧のキャッシュ機能が標準では無効化されるなどの仕様変更や、一部のマルチコアCPU環境で強制終了してしまう不具合などの修正も施されて いる。

 「FFFTP」は、Windows 2000/XP/Vista/7に対応するフリーソフトで、オープンソース版は現在ライブラリサイト“SourceForge.JP”のプロジェクトページからダウンロードできる。



引用ページ


おお~!すげぇ!

僕もバリバリ使ってますよ!
これからに期待!

オンラインストレージ「Ubuntu One」向けのWindowsクライアント、正式版公開

 英Canonicalは29日、オンラインストレージサービス「Ubuntu One」向けWindowsクライアントの正式版を公開した。Windows 7/Vista/XPに対応しており、無料でダウンロードできる。

 Ubuntu Oneは、Linuxの人気ディストリビューションである「Ubuntu」のユーザー向けのオンラインストレージサービスで、アカウントを取得すれば 5GBまで無料で利用可能だ。さらに月額3.99ドルで20GBの追加ストレージ容量と、保管してある音楽のストリーミング再生機能を利用できる。

 Ubuntu以外にも、今回発表されたWindowsクライアント、ウェブ、iPad/iPhone、Androidにも対応している。

 Windowsクライアントはユーザーからの要望によって開発され、2010年11月以来ベータテストが行われてきた。Ubuntuユー ザーの多くは、職場や学校でWindowsまたはMacを使用していたり、家庭内で複数のOSを使用している場合が多い。ファイルの利用に不便を感じてい たために、要望が多く寄せられていた。

 利用するには、Windowsインストーラーをダウンロードするとともに、Ubuntu One無料アカウントを取得し、メールアドレスに届いた認証コードをクライアントにコピー&ペーストする。その際、Ubuntu Oneと同期するフォルダーを指定する必要がある。

引用ページ

Ubuntu使ってるが、オンラインストレージ使ってないですw
使ってみようかな♪

定番テキストエディター「EmEditor Professional」がメジャーバージョンアップ

「EmEditor Professional」v11.0.0

 (株)エムソフトは22日、テキストエディター「EmEditor Professional」(以下、「EmEditor」)v11.0.0を公開した。Windows 2000/XP/Server 2003/Vista/Server 2008/7およびXP/Server 2003/Vista/Server 2008/7の64bit版に対応する価格4,200円(税込み)のシェアウェアで、30日間無償で試用可能。現在、本ソフトの公式サイトや窓の杜ライブ ラリからダウンロードできる。

 v11では、“マーカー”機能が新たに搭載。「EmEditor」ではこれまでも各種プログラミング言語に対応したシンタックスハイライト機能を 搭載しており、予め決められたルールに従ってテキストを色分け表示できる。“マーカー”機能はそれとは独立した機能で、ユーザーが指定したワードを手軽に ハイライト表示することが可能。ハイライトのON/OFFも簡単で、一時的にテキストの一部を強調表示したい場合に活用しよう。

 “マーカー”機能を利用するには、テキスト内でハイライトさせたい部分を選択し、選択テキストの右クリックメニューから[マーカーに追加]項目を 選択するだけでよい。専用のツールバーや設定ダイアログも用意されており、背景色の変更、大文字・小文字の区別、正規表現の利用といった高度なカスタマイ ズも可能。ツールバーのマーカーボタンを押せば、当該マーカーがつけられた部分へ順にシャンプできるのが便利。

ユーザーが指定したワードを手軽にハイライト表示できる“マーカー”機能 ユーザーが指定したワードを手軽にハイライト表示できる“マーカー”機能 ユーザーが指定したワードを手軽にハイライト表示できる“マーカー”機能

 さらに“自動マーカー”機能を利用すれば、マウスカーソル上の単語を自動認識して、テキスト内の同じ単語をハイライト表示することもできる。ソースコードで同じ名前の変数を探す場合などに役立ちそうだ。

“自動マーカー”機能 “自動マーカー”機能 “自動マーカー”機能

 また、文字参照で表された文字をツールチップで表示できる機能が追加された。文字参照とは、HTML/XML文書などで文字・記号を “&”“&”といった形式で指定できる仕組み。どちらの文字参照もWebブラウザーでは“&”と表示され るが、それをツールチップで手軽に確認できるのが便利。さらにツールチップの右クリックメニューからは、文字参照を文字へ変換したり、文字をクリップボー ドへコピーすることも可能だ。

文字参照で表された文字をツールチップで表示できる 文字参照で表された文字をツールチップで表示できる

旧バージョンからのアップデートの場合は、設定をONにする必要がある 旧バージョンからのアップデートの場合は、設定をONにする必要がある

 そのほか、プラグインとして提供されていた“検索”ツールバーが、「EmEditor」本体へ統合された。選択テキストをドラッグ&ドロップで検 索ボックスへコピー可能になるなど、「EmEditor」本体との連携が向上している。また、ツールバーが置換に対応したほか、複数の置換ルールを登録し て、一度に置換作業を行える“連続置換”機能が搭載されたも大きな変更点だ。一部ユーザーからの要望が多かった[重複行の削除]コマンドや[最近閉じた ファイル]コマンドなども追加された。

プラグインとして提供されていた“検索”ツールバーが「EmEditor」本体へ統合。置換にも対応 プラグインとして提供されていた“検索”ツールバーが「EmEditor」本体へ統合。置換にも対応

一度に置換作業を行える“連続置換”機能 一度に置換作業を行える“連続置換”機能

 なお、本ソフトはv10.1.0より体験版と製品版が同一のプログラムになっている。試用中に登録キーを入力することによって製品版として利用で きる。また、「EmEditor」v10を利用している場合は、[ヘルプ]-[更新のチェック]メニューからv11へ更新可能。2011年10月31日ま でに購入されたライセンスに関しては無償でv11へアップデートできる。

【著作権者】
Emurasoft, Inc.
【対応OS】
Windows 2000/XP/Server 2003/Vista/Server 2008/7/XP x64/Server 2003 x64/Vista x64/Server 2008 x64/7 x64
【ソフト種別】
シェアウェア 4,200円(税込み)
【バージョン】
11.0.0(11/09/22)


引用ページ


このソフトいいですよね!

Profile

じんな!

Author:じんな!
水樹奈々さん好きです。
IS03ユーザーです。
音ゲーマーです。
当ブログについて

Since June 13 2011

Blog Relation
Service Registration
Search

Amazon
Total Access
Unique Access
Online Access
Ranking


人気ブログランキングへ

ランキング参加中!
クリックお願いします(^_^)
Latest Articles
Category

openclose

Links

相互リンク、相互RSSも随時募集中♪
気軽にコメント欄、または、Twitterまで♪
このブログをリンクに追加する
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
QR Code
QR
Free Area
Under Aid
NANA PARTY
Banner
当ブログのバナーです♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。