ホーム   »  Windows Phone
Category | Windows Phone
Update Information

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HTC、“Mango"搭載のWindows Phone端末「HTC TITAN」「HTC Radar 」を発表

HTCは1日、OSにWindows Phone 7.5を搭載したスマートフォンの新モデル「HTC TITAN」「HTC Radar」の2機種を発表した。ロンドン、パリ、マドリッド、ベルリンで開催されたユーザーを招待したイベントで披露されたもので、同社の Windows Phone端末としては、Windows Phone 7.5(開発コード“Mango”)を搭載した初めてのモデルとなる。2011年10から欧州、アジア市場で発売される予定。

HTC TITANは、4.7インチ(480×800ドット)の大画面が特長のモデルで、寸法・重量は、131.5×70.7×9.9mm・160g。1.5GHzのプロセッサを搭載し、内蔵メモリは16GB。バッテリー容量は1600mAhとなっている。

「HTC TITAN」

カメラは800万画素で、LEDフラッシュと裏面照射型センサーも搭載。130万画素のインカメラも備える。720pのHD動画の撮影にも対応して いる。通信方式はHSPA/ WCDMA(850/900/2100MHz)とGSM / GPRS / EDGE(850/900/1800/1900MHz)。Wi-FiはIEEE 802.11 b/g/nに対応。テザリング機能も備える。

HTC Radarは、3.8インチ(解像度480×800)のディスプレイを搭載したモデルで、白とシルバーのメタリックな高級感のあるデザインが特長。寸法・ 重量は、120.5×61.5×10.9mm・137g。1GHzのプロセッサを搭載し、内蔵メモリは8GB。バッテリー容量は1520mAhである。

「HTC Radar」

カメラは500万画素で、LEDフラッシュと裏面照射型センサーを搭載。VGAレンズのインカメラも備える。720pのHD動画の撮影にも対応。通 信方式はHSPA / WCDMA(900 / 2100MHz)とGSM / GPRS / EDGE(850 /900 / 1800 / 1900MHz)。Wi-FiはIEEE 802.11 b/g/nに対応。テザリング機能も備えている。

HTCは、両モデルのポイントのひとつにマルチメディア機能を挙げており、HTCが提供する映画などの動画のストリーミング・ダウンロードサービス「HTC Watch」のアプリを標準搭載している。



引用ページ


スペックつよ!
やべえなw

スポンサーサイト

Windows Phone7

今日はWindows Phone7触ってきました!

すっごくヌルヌルでしたっ!
そして意外にも使いやすかった、Metro UI!
カーブフリックもかなりイイ!!

これはいいですよ!
Windows好きな人は買いですね♪

※写真忘れましたwww

ではではっ

au、国内初のWindows Phone端末「IS12T」を25日発売



KDDI、沖縄セルラーは、国内発のWindows Phone 7.5搭載モデルとなる富士通東芝モバイルコミュニケーションズ製スマートフォン「Windows Phone IS12T」を8月25日より発売する。

地域別発売日と予想価格

 各地域の発売日は、北海道/東北/関東/中部/関西/九州/沖縄エリアが8月25日~、北陸/中国が26日~、四国エリアが27日~となる。端末予想価格は、利用料からの割引サービス「毎月割」を適用した場合に3万円台半ばになる見込み。

Windows Phone 7.5

 「IS12T」は、日本マイクロソフトのスマートフォン向けOS「Windows Phone 7.5」を搭載したスマートフォン。Windows Mobileからプラットフォームを一新し、タイル状の縦スクロール型ユーザーインターフェイスを採用しており、「メトロデザイン」と呼ばれる、より直感 的なアクセス導線が特徴となっている。

 また、ソーシャルサービスとは端末プラットフォームレベルで連携しており、アドレス帳に登録された各ユーザーに電話番号やメールアドレ ス、SMSだけでなく、FacebookやWindows Live IDなど、さまざまなサービスがリンクする。これまでのスマートフォンは、アプリケーションを介してユーザー間のコミュニケーションを楽しむという側面が 強いが、マイクロソフトでは「人を介したコミュニケーション」とアピールしている。

 ブラウザは「Internet Explorer 9」がプリセットされ、ハードウェアアクセラレーターによる軽快な操作を実現するほか、Officeのビジネス文書編集機能やクラウドストレージサービス 「SkyDrive」との連携機能なども用意される。音楽機能としては「Zune」に対応しており、パソコン側で楽曲管理も行える。

 日本マイクロソフトでは、グローバル向けOSをローカライズし、国内独自機能などもプリセットしている。その1つが東京の開発部隊が開発 した10キー日本語入力システムだ。カーブフリックと呼ばれる新フリック入力システムでは、濁音や半濁音、促音などがフリック操作の延長線上で入力でき る。QWERTY配列のキーボード入力なども選択できる。文字入力はMS-IMEを採用。

ハードウェアの主な仕様

 「IS12T」は、IPX5/7/8等級の防水性能、IP5X等級の防塵性能を実現する。チップセットはクロック周波数1GHzのクアルコム製「MSM8655」(Snapdragon)を採用し、内蔵メモリは32GBで、このうちデータ容量は約28GBとなる。

 ディスプレイはタッチ式、約3.7インチ、800×480ドットのTFT液晶を搭載。端末背面部に配したカメラは、オートフォーカス付き の1320万素のCMOSとなる。画像処理エンジン「Milbeau Mobile」エンジンを搭載し、撮影シーンの自動認識機能なども用意されている。外部メモリには対応していない。

 Wi-FiやBluetooth 2.1+EDR、GPS、緊急地震速報、WIN HIGH SPEEDなどに対応し、ワンセグやおサイフケータイ、赤外線通信には非対応となる。通信方式は、CDMA 1x EV-DO RevA方式のほか、海外ではGSM/GPRS/CDMAがサポートされる。

 バッテリー容量は1460mAh。連続待受時間は約280時間で、連続通話時間は約400分間となる。大きさは約59×118×10.6mm(最厚部13.3mm)で、重さは約113g。ボディカラーはシトラス、マゼンタ、ブラックの3色展開。

 なお、EZwebのメールは、10月上旬にダウンロードで対応する予定、Cメールは受信のみサポートする。


 



引用ページ

ん?
25日って明後日じゃね?

ほしいなー!

MS、アプリストアでのMangoアプリ受付を開始

 Microsoftは米国時間8月22日、開発者が「Windows Phone」の最新版「Mango」アプリケーションを「Windows Phone Marketplace」に提出するためのインフラをオンラインにすることを明らかにした。

 「開発したMangoアプリを受け付けるためのインフラがオンラインになった。最終テストを実施しているところだが、すでに新しいコンテンツにお 気付きの人もいるだろう。今後24時間以内に、Mangoアプリの提出プロセスについて詳細を公開する予定だ。お楽しみに」とMicrosoftはブログ で報告している。

AllMS

 Microsoftは7月後半、8月22日にWindows Phone MarketplaceでMangoアプリの受付を開始する計画だと述べた。Microsoftは同日、「Windows Phone SDK 7.1」の正式版に近いリリース候補(RC)版も公開した。

 Windows Phoneチームの開発者エクスペリエンス担当ディレクター、Brandon Watson氏は、Hewlett-Packard(HP)が先に発表した「webOS」方針変更を受け、影響があると思われる開発者がWindows Phone Mangoをターゲットにするよう誘う活動を開始した。Watson氏は同日、自分の呼びかけに対し、約1000通の電子メールをwebOS開発者からもらったとツイートしている。

 Microsoftは7月後半、Windows Phone Mango(「Windows Phone OS 7.1」)が製造工程向けリリース(RTM)段階になったと発表した。これにより、MicrosoftはMangoを端末メーカーとキャリアに向けてテス ト用に提供している。テスターからOKが出たら、Mangoを既存のWindows Phone端末ユーザーに向けてプッシュすることになる。Microsoftはまた、Mangoが動く最新のWindows Phone機種が2011年秋に登場するとも述べている。

 HTCは9月1日に欧州でイベントを開くことにしており、ここでMango端末を披露すると予想されている。

 Microsoftは、Mangoの次として「Tango」(開発コード)を開発中という。



引用ページ

Tangoってw

「Windows Phone SDK 7.1」がリリース候補版に、日本語版もダウンロード可能

「Windows Phone SDK 7.1」リリース候補版

 米Microsoft Corporationは22日(現地時間)、「Windows Phone SDK(WPSDK) 7.1」(旧称「Windows Phone Developer Tools(WPDT)」)のリリース候補(RC)版を公開した。現在、同社のダウンロードセンターからダウンロードできる。

 「WPSDK 7.1」は、“Windows Phone 7.0”および“Windows Phone 7.5”端末向けのアプリケーションを開発するための開発キット。開発環境「Visual Studio 2010 Express for Windows Phone」やユーザーインターフェイスのデザインツール「Microsoft Expression Blend for Windows Phone」のほか、各種必要なコンポーネント一式が含まれており、コーディングからテスト実行、デバッグ、デザインに至るまでの開発環境を無償で揃える ことが可能。これまで英語版のみが提供されていたが、RC版からは日本語版も用意されている。

開発環境「Visual Studio 2010 Express for Windows Phone」 開発環境「Visual Studio 2010 Express for Windows Phone」

“Windows Phone”端末のエミュレーター “Windows Phone”端末のエミュレーター

 また、本RC版からは“Go Live”ライセンスで提供されており、アプリの開発だけでなく、作成したアプリを“Windows Phone Marketplace”へ公開することも認められている。

 なお、すでに「WPSDK 7.1」のベータ版を利用している場合は、RC版のインストールの前にあらかじめアンインストールする必要があるので注意。また、すでに「Visual Studio 2010」をインストールしている場合は、「Visual Studio 2010 SP1」をインストールしておく必要がある。



引用ページ


日本語版か!
Android SDKは英語なのにw

Profile

じんな!

Author:じんな!
水樹奈々さん好きです。
IS03ユーザーです。
音ゲーマーです。
当ブログについて

Since June 13 2011

Blog Relation
Service Registration
Search

Amazon
Total Access
Unique Access
Online Access
Ranking


人気ブログランキングへ

ランキング参加中!
クリックお願いします(^_^)
Latest Articles
Category

openclose

Links

相互リンク、相互RSSも随時募集中♪
気軽にコメント欄、または、Twitterまで♪
このブログをリンクに追加する
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
QR Code
QR
Free Area
Under Aid
NANA PARTY
Banner
当ブログのバナーです♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。